資料請求・お問い合わせ

二世帯住宅

二世帯住宅

お互いを支え合う
二世帯住宅という選択肢
子育てのサポートをしてもらえたり、親の介護をしたり、親世帯、子世帯が
「お互い支え合い」ながら暮らせる住まい。また、広い家に暮らし、節税にもなるなど、
知ると嬉しいメリットがいっぱい。それが、二世帯住宅ならではの魅力です。

同居する事によって、家事面ではお互いに協力し合う事が出来、子育て面では親世帯の、介護面では子世帯のサポートを受ける事が出来ます。また、家族揃って留守になりにくい二世帯住宅では、防犯面でも安心です。

世帯ごとで負担する建設費用を大きく下げられます。また、キッチンや浴室を共有にすれば、食費や水道、光熱費も抑えられ、家計の負担も格段に下げられます。相続税の減税といった大きなメリットもあります。

親世帯や子供にとっての精神的メリットはとても大きいです。すぐそばに頼れる身内がいてくれる安心感と、ふれあい遊んだり、お出かけをしたりする事で、子供の精神的成長や祖父母の生活に張り合いを出す事にも繋がります。

家族の誰かが病気になった時・子供のお迎えが必要になった時・やって欲しい事や質問したい事が出てきた時などの緊急時に、在宅しているご家族で助け合いが出来る事は大きなメリットの一つになります。

二世帯住宅の良いところ・期待するところとは?

子世帯に聞いてみました※1

共働き世帯数の割合が68%※2の日本において、子世帯は家に常に居れないところへのサポートに安心感を覚えるようです。

親世帯に聞いてみました※1

定年退職を迎えた親世帯が多い為、孫との交流や自分自身の将来を考えた際のメリットを選ばれる方が多いようです。

※1出典:株式会社リクルート住まいカンパニー【2014年 注文住宅動向・トレンド調査】 ※2出典:厚生労働省【令和3年版厚生労働白書:共働き等世帯数の年次推移】

完全同居タイプは、生活ゾーンのすべてを二世帯間で共有する間取りです。同じ延床面積なら分離タイプより部屋を広く出来ます。また、キッチンや浴室が1箇所ずつで済む為、二世帯住宅の中ではローコストな価格帯となります。

部分共有タイプは、生活ゾーンの一部を二世帯間で共有する間取りです。共有する箇所は、家族によって異なり、玄関・浴室・バルコニーなど様々です。その上で、セカンドリビングなどの各世帯の独立性も残す空間設計になります。

完全分離タイプは文字通り、二世帯住宅でありながら生活ゾーンを完全に区切っている間取りの事を指します。近くにいる安心感を持ちつつ、お互いの生活スタイルの違いを大切にできる空間設計です。

「せっかくの二世帯住宅なのに完全分離なんて…」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、手を差し伸べられる距離感という二世帯住宅のメリットを残しながらも、生活スタイルの違いによる「気遣い」や「干渉」を解消する、これからの時代に合った二世帯住宅のカタチでもあります。

PLAN01

家族みんなが生活音を気にせずに

●上下階で間取りを同じにしているので、気になりがちな生活音や水回りの排水音を遠ざけます。
●上下階ともにLDKと洋室(畳敷)を繋げると、24帖の広々空間になります。
●1階はキッチンから洗面所や浴室への動線を確保した事で、日々の家事が快適になります。

一階面積/66.05㎡(19.98坪)二階面積/83.36㎡(25.21坪)延床面積/149.41㎡(45.19坪)

A:LDK
仕切りのない対面式キッチンからは、LDKにいる家族の様子を伺えるので安心。キッチンカウンターでは、ゆったりと団らんを楽しむ事が出来ます。

B:和室(洋室畳敷)
リビングと続間設計の和室(洋室畳敷)は、扉を開けてリビングと繋げると、より開放的な広々空間になります。子供もゴロンと横になったり、家事の合間に腰掛けて休憩したり、家族でゆったりと寛げるスペースです。

C:パントリー
保存用の食品などを収納するのに便利な食品庫を完備。収納量もたっぷりですので、食品の買い置きにとても便利です。

D:バルコニー
奥行きもしっかりあるバルコニー。洗濯物を干すのはもちろん、ガーデニングや家族で過ごす空間としても最適です。

PLAN02

タタミコーナーでちょっとおしゃべり

●タタミコーナーは、おしゃべりしたり、子供が遊んだりと親子で交流出来るちょっとした空間にもなります。
●1階の洗面所は、広々とした空間としてキッチンと繋がっているので、家事がしやすいプランです。
●シューズクロークは扉付きなので、来客時に中を見られず、スッキリとした玄関になります。

一階面積/72.87㎡(22.04坪)二階面積/79.49㎡(24.04坪)延床面積/152.36㎡(46.08坪)

A:シューズクローク
広い玄関スペースには、玄関収納とシューズクロークを設置しているので、ベビーカーやゴルフバッグなどのかさばる物をしまっても、玄関をいつでもスッキリと見せる事が出来ます。床がタイル敷きなので、濡れたものや汚れたものをしまっても楽に掃除が出来ます。

B:洗面所&脱衣所
洗面所を広くする事で、収納スペースの確保はもちろん、洗面化粧台を大きくしたり、ユーティリティースペースを設ける事も可能です。

C:タタミコーナー
足を伸ばしてゆったりとくつろげる和モダンな雰囲気の腰掛けられる小上がりのタタミコーナー。子供のお昼寝スペースや洗濯物をたたんだり、家事スペースとしても優秀です。

D:オープンカウンター
リビングの一角には、オープンなスタディスペースを設けました。勉強したり、趣味の時間を楽しんだり、PCスペースや家事スペースにしたりと、使い方は自由自在。家族みんなで使える多用途なカウンターです。

※掲載している画像はすべてイメージです。一部オプションを含む場合がございます。
※施工エリアによっては一部設備の変更・別途費用が発生することがございます。
※設備の製造中止等により同等設備等へ変更となる場合がございます。
※離島・一部の地域は施工エリア外です。施工対応エリアについてはお問い合わせください。
※多積雪地域は追加費用の発生、及びメーカー、容量等の変更がおこる場合がございます。

理想の暮らしを実現するために、家族の暮らしに合わせた設備・仕様をお選びいただけます。暮らしやすさを追求した、快適な住まいづくりをご提案いたします。