資料請求・お問い合わせ

セーフティハウス プラス

セーフティハウス プラス

地震だけじゃない、さまざまな災害にも備えるために、アイダ設計は住宅と向き合っています。

『耐震等級3』 住宅性能評価書取得

地震大国といわれる日本において自然災害のリスクは決して避けて通れない問題です。もし新築住宅を建てるなら、家の地震に対する強度は気になるところです。その判断基準の1つに「耐震等級」という地震に対する建物の強度を示す等級が法律によって定められており、アイダ設計の「safetyhouse PLUS」では最高等級「耐震等級3」を標準化しました。そして国が認定した第三者機関が審査する「住宅性能表示制度」にて住宅の性能評価を行うことで、住まいの安全・安心を裏付けます。 

「耐震等級3」とは国土交通省が2000年に定めた、住宅性能表示制度における耐震性能の最高等級。建築基準法では、極めてまれに(数百年に一度程度)発生する地震による力が定められており、この力に対して倒壊しない程度のものを「等級1」としています。「耐震等級3」は等級1に対して1.5倍もの耐震性を持つものです
アイダ設計は、耐震性にいち早く注目し、研究・実証実験を行ない、国立研究開発法人 土木研究所にて実施した耐震実験では、震度制度最大の「震度7」の揺れにも倒壊することなく耐え抜き、アイダ設計の家づくりが十分な耐震性能を発揮するレベルであることを確認しています。昨今、日本各地で発生している巨大地震でも、倒壊などの大きな被害は確認されておりません。

4つの対策で、大切な家族を守ります。

MDF耐力面材 【地震対策】

 
MDF耐力面材の壁は力を全体で受け止め分散させるために万一の災害にも優れた強度を発揮します。また燃えにくい材料で耐火性にも優れています。

省令準耐火構造 【火災対策】

 
地震による漏電やガス漏れによる火災対策として、万が一の火事に備え(省令準耐火構造)を採用し火災発生時に各室が15分間以上の耐火性能を備え持った構造です。

シャッター 【台風対策】

 
台風の際の飛来物に備える一番の対策はシャッターを設置することで窓を守ります。窓の破損を防ぎガラスの破損によるケガなどをしないようにします。また防犯面でも役にたちます。

防犯ガラス 【防犯対策】

 
ガラスの間に挟み込んだ樹脂中間膜により、破壊されにくく防犯性の高いガラスです。また樹脂中間膜はガラス破片の飛散防止効果により、地震などの災害時にも人的被害の拡大を抑えます。

PLAN

開放感のある玄関スペースは間口が広く出入りも楽なので、家族や来客の心も和みます家事をラクにする動線は、動きにムダがなく時間的にも余裕が生まれ、家事のストレスが軽減されますLDKと続き間になっている居室は大勢で集まる際には開放し、来客時には客間として多目的に使え重宝します会話をしながら作業ができる対面式キッチンは家族が家事に参加しやすく、みんなで料理が楽しめます天候に左右されないインナーバルコニーはその日の天気を気にせず洗濯物が干すことができ、ちょっとした趣味のスペースなどにも大活躍してくれそうです全室収納完備なので家具などを増やすことなく洋服をスッキリ収納できます

見積無料!自由設計で理想の住まい!まずはお問い合わせください。

※パース・掲載写真・家具・家電・インテリア商品はイメージです。外観(サッシの個数・サイズ、出隅等)・外構・植栽などオプションが含まれております。※諸事情により商品の確保が困難な場合やメーカーの製造が中止された場合は同等商品での対応となります。一部商品はエリアによりメーカーが変わる場合がございます※構造・設備等の仕様は予告なく変更となる場合があります。※沖縄県・離島・一部の地域などについては、諸条件が異なる場合があります。施工対応エリアについてはお問い合わせください。※値引き・キャンペーン等のサービスとの併用はできません。予めご了承ください。

理想の暮らしを実現するために、家族の暮らしに合わせた設備・仕様をお選びいただけます。暮らしやすさを追求した、快適な住まいづくりをご提案いたします。